top.jpg

個々の可能性の芽生えを

​大切に守り育てること

園名の由来

このはなさくや姫は、日本神話の中で皇孫ニニギノ命の妃となっており、盤石のように健やかに、木の花のように美しくあれと願ってつけられた名前と伝えられています。

 また、“このはな”とは、春に先駆けて木に咲く花の総称としていいならわされてきました。春は希望と平和と成長を象徴するものです。幼児も春のように、すくすくと健やかに成長することを願い、このはな幼稚園と命名しました。

お知らせ